西奈南F.C

トップ チーム紹介 メンバー募集 メンバー紹介 試合結果 スケジュール グランド 写真 資料 天気 リンク ヘルプ

熱中症対策

2016-08-03 21:21:29


静岡社会人サッカーリーグは河川敷グランドでの試合が大半でガイドライン通りにはできないのが実情です。
そこで、当面は下記のことを実施する方向で対策とします。

 熱中症対策内容

①WBGT計を準備し、各グランドの数値を測定し対策を講じる目安とする。
②WBGT計の数値が25℃以上の場合は飲水タイムを設ける。飲水タイムは7月~9月の試合では状況に応じて審判が判断する。
③各チームで日射を遮るため、簡易テントを用意し設置する。
④熱中症など緊急事態が発生した時は119番通報する処置を行う。


 WBGT(Wet Blub Globe Temperture)計の保管・使用方法

1)使用開始時期・期間

 7月~9月の間使用

2)保管場所

 近藤宅(茶町)の当番日誌保管棚の下段。
 各グランド毎にあり。

3)使用方法

①前半当番チームは、担当グランドの箱の中からWBGT計を持っていく。

②グランドでは試合開始時に測定し、当番日誌の戦評欄に記入する。測定は、胸の高さで、陰にならないようにし、10分後の値を測定する。
来年の当番日誌には記入欄を設ける。

③前半当番チームは当番終了後、後半当番チームに日誌、鍵、WBGT計を引き渡す。

④4後半当番チームは、試合開始時にWBGT計で測定し、日誌に記入する。測定終了後は、スイッチオフとすること。

⑤後半当番チームは、当番日誌、鍵、WBGT計を近藤宅に返却する。返却の際は、スイッチオフを確認のこと。



 審判実施時のメモ

・前後半1回ずつ、それぞれ半分の時間経過したころ30秒~1分の飲水タイムを行う。
・試合の流れの中、両チームが有利・不利にならないようなアウトオブプレー時、笛で止めて実施する。
・ゴールキック時も給水タイム可能である。
・給水タイムを実施する場合は、試合前に実施することを審判は伝える。
・審判も飲水しても良い。






▽ Language ▽

English


日本語 韓国語 英語 簡体字中国語 繁体字中国語 フランス語 イタリア語 ドイツ語 ロシア語


www.eznavi.net